• トップ

歯周病の原因は限られている

歯科で歯周病の原因を取り除く

定期的な歯科検診が重要

半年に一度は、歯科検診を受けた方が良いとよく言われています。自分の歯を失ってしまう原因は、虫歯や歯周病です。虫歯になると、歯科に治療に行きますが、ほとんどのケースが元に戻ることはなく、ただ傷んだ箇所を補修をしていることになります。そして虫歯を繰り返すことで、歯を失って行くことになります。また歯周病では、歯を支えている顎や骨が、歯周病菌によって痩せてしまう病気です。失った骨や歯を元に戻すことはできません。定期的に歯科検診を受けた方が良いのは、このように自分の骨や歯を失わないためです。初期の虫歯や歯周病は、自分では気づくことがほとんどできないのです。その理由は、痛みを感じることがないからです。虫歯や歯周病の原因となるのは、歯石や磨き残したプラークです。歯科検診ではこのような原因となる歯石やプラークを、超音波や水が出る機械を使用してきれいに取り除いていきます。また、自分での歯磨きによって磨ききれていない箇所を指摘してもらえるため、自分の歯磨きの癖を改善することができ、普段から歯石やプラークを溜めづらい状態を作ることができるようにもなります。このように、歯科検診を受けることで自分の歯を失わずに済むことができます。忙しい中でも、定期的に受けることを心がけることが大切です。

↑PAGE TOP