• トップ /
  • 歯周病は歯科で予防できる

歯周病を予防していくには

歯周病は歯科で予防できる

歯周病予防は歯科医の力が必要

今や虫歯よりも怖いと言われる歯周病は深刻な問題となっています。虫歯予防のようにフッ素を塗っておけばかかりにくい、というものではありません。最初は歯肉炎と呼ばれる歯茎の炎症から始まります。歯茎が赤く腫れてきて、出血しやすくなったり、歯と歯茎の間が冷たい水を飲むとしみたり、という症状が続き、放置しておいたらだんだん歯茎がやせ細っていき、そのうち歯が抜けていってしまう、というものです。歯茎は一度やせ細ると元には戻りません。歯茎が減ると通常は外気にむき出しになることがない歯の部分が外気に触れることになって刺激が強すぎてしみる、という状態です。痛みを感じて虫歯ではないかと歯科医に診てもらったら、これは歯周病ですよ、と言われてビックリすることがよくあります。歯周病は歯にくっついている歯垢が悪さをして歯茎に悪さをしていくのですが、歯科医が予防として日ごろ勧められているのが歯間ブラシによる歯と歯の間の歯垢を取り除くことです。歯間ブラシは歯と歯の間の隙間の大きさにより、適度なサイズにばらつきがあるので、診察の際にどのサイズが最もふさわしいか調べてもらうことがよいでしょう。歯科での治療は歯周ポケットの歯垢取りとか、レーザーによる治療もあります。予防のためには半年に一度定期検診を受けるのが最も確実です。

↑PAGE TOP