• トップ /
  • 歯科で歯周病の予防と治療を

歯周病の症状と対応

歯科で歯周病の予防と治療を

歯周病かなと思ったらまず歯科へ

神経がある歯の場合、痛んだり水やお湯にしみたりすることで虫歯に気付くことが多いものです。ところが歯周病は痛みなどの自覚症状に乏しいため、知らず知らずに進行していることも。気付いた時には歯がグラグラになっていて、抜歯するしかないという状況になってしまう方もいます。実は日本人が歯を失う一番の原因は、この歯周病と言われています。歯科医院で定期的な検診を受けることと同時に、自分でも歯周病の症状を見逃さない事が重要です。歯磨き時に出血する、歯茎が赤く腫れる、膿が出るなど歯茎の異常の他、独特の口臭がする場合もあり、おかしいなと思ったら、歯科医に相談するのが一番。歯科医院では、ついてしまった歯石を丁寧に除去し、場合によっては外科的な処置を行う場合もあります。せっかく除去した歯石がまたついてしまわないように、プラークコントロールの方法も教えてもらえます。プラークコントロールとは、歯石の元であり、歯周病の原因でもある歯垢をつかないようにすること。歯ブラシの当て方やデンタルフロスの使い方、甘いお菓子やジュース等を多く摂取される方には、糖分の制限などが提案されることもあります。小さな症状であっても、静かに進行しているかもしれない歯周病。歯科医院では予防も治療も可能です。早期発見、早期治療で大切な歯を守りたいものです。

↑PAGE TOP